漢室復興をめざし、魏に対抗した ~蜀~

劉備らが創り上げた蜀の国について見ていきます。

漢室復興を目指した劉備だったが・・・

劉備は若かりし頃から漢王朝の衰退を憂い、自らが漢王朝を再び正しい姿に戻すために尽力していました。

漢王朝の皇帝の献帝は曹操の元にいて、曹操は名目上漢王朝の命令を受けるという形で勢力を伸ばし、その実権は曹操が握っている状態でした。

「いつか曹操を討ち破り、漢室を復興するのだ!」

漢王朝、滅びる

しかし、220年に曹丕が献帝から禅譲を受けてここに漢王朝は400年余りの歴史に終止符が打たれることになります。

劉備の漢室復興の夢を待たずにして滅亡した漢王朝を再び取り戻す! その名目で劉備は蜀を建国し、自ら皇帝に即位、諸葛亮を丞相に任命して曹丕打倒に動き始めることになります。

蜀の歴史

蜀の歴史を年表でまとめてみました

皇帝 できごと
221 劉備 蜀を建国、劉備が皇帝に即位する。諸葛亮を丞相に任命する
関羽の敵討ちのために孫権へ出兵する
222 夷陵の戦いで敗北し、劉備は白帝城に逃れる
223 劉禅 劉備が崩御、劉禅が2代目皇帝に

南中で反乱が起きる

224 孫権と和睦
225 諸葛亮が南中を平定する
227 諸葛亮が劉禅に「出師の表」を上奏し、漢中に駐留する
228 街亭の戦い、陳倉の戦いが起こる
229 第3次北伐で魏の領土の一部を獲得
230 魏軍が漢中に総攻撃を仕掛けるもこれを食い止める
231 第4次北伐を行うも失敗
234 五丈原の戦いで諸葛亮が病死する
蒋琬が国事を担当する
243 蒋琬が病に倒れ、費禕が国事を担当する
247 姜維が北伐するも、戦果は得られず
249 姜維が北伐するも、戦果は得られず
250 姜維が北伐するも、戦果は得られず
253 費禕が暗殺される

姜維が北伐するも、戦果は得られず

254 姜維が北伐し、魏の領土の一部を獲得
255 姜維が北伐し、王経を撃破
256 姜維が北伐するも、鄧艾によって戦果は得られず
257 姜維が北伐するも、鄧艾によって戦果は得られず
262 姜維が北伐するも、鄧艾によって戦果は得られず
263 魏軍の総攻撃を阻止できず、劉禅が投降。蜀が滅亡する

戦争に明け暮れた蜀

漢室復興を名目に劉備が建国した蜀ですが、こうして年表だけ見るとかなり戦争を仕掛けているようにも見えます。しかも、諸葛亮が病死した後は姜維が何回にもわたって北伐を行っていますが、魏に対して強烈なダメージを与えるどころか、逆に国内を疲弊させるだけという結果になりました。

また、劉禅は40年ほど帝位に就いていましたが、リーダーとして国を導くどころか、宦官の黄皓を気に入ったために国内は徐々に黄皓のやりたい放題となっていました。

諸葛亮の後任として選ばれた蒋琬と費禕も失った蜀が滅亡するのはもはや時間の問題だったとも言えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク